安全度の高いルンブルクスルベルスがもつ酵素・ルンブルキナーゼ

価格:17,280円
(2014/7/16 18:51時点)
感想(0件)

ルンブルクスルベルスというミミズがもつ酵素「ルンブルキナーゼ

これに血栓症を改善する効果があると発表されたのは、1983年7月にストックホルムでおこなわれた国際血栓止血学会でした。

これにより世界中から注目を集め、その後も研究が進み、日本では糖尿病治療剤・血圧調整剤・抗高脂血症剤・製造法と特許を取得するほどとなりました。

この特許は、中国・アメリカ・カナダ・ヨーロッパ諸国と、日本以外の世界23か国でも取得されています。
お隣の国、韓国では医薬品として認可を受けているほどなのです。

世界中に広がる、ルンブルクスルベルスの効果・効能。
発見されてから早いスピードで世界に広がってきていますが、その理由の一つとして副作用の心配がないことが挙げれます。

このルンブルキナーゼが発見される前までは、血栓症を解決するためにウロキナーゼという物質を使って血栓を溶解していました。

ウロキナーゼは注射で体内に注入するのですが、その投与量が多すぎたりすると、血栓だけでなく血管をも溶解してしまうという恐ろしい副作用があります。
血管が溶解されてしまえば、内出血という大惨事が起こります。

これに対してルンブルキナーゼは、あくまでも血栓にしか作用しないという特徴を持っています。

血栓の元となるフィプリンだけを溶かすので、内出血などの心配がなく、確実安全に血栓を取り除くことができるのです。